読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発表会ー2011年春ー

こないだ、数年ぶりにピアノの発表会とやらに出た。
曲は、前にも書いたリストの愛の夢


当日の朝は出かけるのがおっくうになるような曇り空。
さらに、会場の場所を勘違いしてて、さらに乗り換えること15分・・・。
もうこの時点で、この発表会に出るのを決めたことをちょっと後悔。


リハーサルと称して一人2分だけピアノに触れるので、朝から出発してちょっとだけ魅いて、
お昼ご飯もままならずに発表会開演。
最初の1曲目の方がいい感じに演奏されて、ちょっとテンションあがったけど、
だんだん緊張が高まってさらに後悔・・・。


順番は20番目あたりだったので、他の方の演奏を聞きつつ2時間ほど経過。


途中、先生とアンサンブルされた方がいて、その先生のガツんとした音で安心したのか、
不安が弱まって自分の番がまわってくる。


で、ずっと座ってるままだと体が固まってしまってるので、一つ前の方のときに一緒に席を立つ。


で、名前が呼ばれてふっと息を吐いて壇上へ。


そのあとは、、、
正直、あんまり覚えてないw


途中、ヘンなところで左小指の音にアクセントが付いてしまって、
八分音符がずらーっと並んでる小難しい2カ所は、結局どっちもごまかしてしまって、
中盤の盛り上がるところで、何か所か音を外してしまって、、、
ただ、最後のppで終わるところはばっちり決まったので、
終わりよければすべてよしって感じで心の中でガッツポーズ。


今の段階ではこんなもんかなーと。
発表会が全部終わったあとに、担当の先生には「集中してた?全体的にすごくよかったよー。」と、
一応お褒めの言葉をいただいた。
まぁ、ほめ上手な先生なので。


でも、やっぱり出てよかった。
演奏を楽しむレベルにはなかなかなれないけど、1曲仕上げた達成感もあるし、
目標があって仕上げる気にもなるし。


ブランクもあったけど、やってきてよかった。
生徒の弾き方、先生の弾き方、ピアノそのもののクセ、ホールの響き、
いろんな要素でいろんな音があって、それを聞いて感じていくのもおもしろい。


さて、11月にまた人前で弾く機会がありそうだ。
その前に、アンサンブルレッスンのモーツアルトの協奏曲か。
あとは、来年?の発表会に向けて、次の曲何にしようかなぁ。