読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boeing787-8の窓(UA34便)

今週の月曜日、関西国際空港(KIX)からサンフランシスコ国際空港(SFO)まで、UA34便でBoeing787-8のエコノミーに乗りました。

http://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/inflight/aircraft/787/800/default.aspx

飛行機が大きくて内装もキレイだし、モニタもちゃんと付いててタッチパネルの反応もいいし、椅子もそこそこ快適。

そういえば去年、シアトルのBoeing工場見学に行ったときは、就航したてでいろいろ問題もあったけど、最新型カッコいいー♡って見てたなぁと、懐かしく思ったりして。

ただ、ヘッドフォンの音は全然ダメダメで、イヤホンか何か持ち込みしたほうがよさげです。

 

でも、一番驚いたのは窓。

 

こちらは、関空で乗った直後(現地時間午後8時すぎ)の窓からの景色。

f:id:satomicchy:20140623200716j:plain

 

こちらは、飛んでる最中の景色。(太平洋の真ん中は過ぎてたと思う。)

f:id:satomicchy:20140624033012j:plain

 

 で、最後に到着直後(現地時間午後1時すぎ)の窓。

f:id:satomicchy:20140624140126j:plain

 

何が言いたいかというと、窓の色にご注目です。

出発直後は夜で、飛行中のどこかで日が昇ってきてるはずなんですけど、ずっと夜ぽい青い景色だったんです。モニタのフライト情報を見ても、完全に昼のエリアを飛んでました。

でも、青かったんです。そのままで寝られるぐらいの明るさだったので、しばらく気がつきませんでした。

(写真加工してませんヨ。念のため。)

 

実はこの窓、窓全体の色が変わる(青が残るということは赤外線カット?)の窓だったんです。

よく見たら、いつもの窓のシェードがありません。代わりに、窓の下には不思議なボタンがありました。(写真撮り損なった > <)

水平飛行中は、その不思議なボタンを操作しても何も変わらなかったのですが、最終着陸態勢に入ってしばらくしたとき、窓の色が勝手に変わって初めて気がつきました。

そのあとやっと、窓の下のボタンが操作できるようになって、色?を変えて遊んでみましたが、これがなかなかハイテク感があってテンションあがりますw。(これも写真撮り損なった > <)

 

帰りの飛行機も787-8で窓側を予約できてるぽいので、また写真を追加しますね。

 

みなさんも、どこかでBoeing787の窓側に乗ったらぜひ遊んでみてください。^^