読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android本の写経メモ(CHAPTER5:アクティビティ、CHAPTER6:通信)

(この記事は自分のメモ代わりです。内容が古かったり間違っていることもありますのでご注意ください。)

おや?Androidカテゴリーで絞り込んでもCHAPTER4がないよ。気にしない気にしない。

CHAPTER5からversion1.2.2にしました。CHAPTER5が終わる前に1.3のbetaが出てたんで迷ったんですけど、一緒に勉強してる友人にbetaはやめときって言われたのでやめました。

5-1
Android内でアプリが特定の機能(カメラとか電話とか)を使う場合、AndroidManifest.xmlパーミッションを設定しないといけないんですね。
Manifest.permission | Android Developers
何がどう必要なのかまではわかりませんが、注意が必要なことはわかりました。
<uses-permission>設定の罠 - Qiita

5-4
最近、importはAndroid Studio任せで自分で書いてないのですが、たまにはソフトも間違えるようです。android.osじゃなくて、javaのを呼んでました。
MyService.java
import java.util.logging.Handler; //誤
import android.os.Handler; //正

5-7
layout/main.xmlとlayout-xlarge/main.xml
fragmentのclassは、自分のパッケージ名にしましょう。

6-1
import java.net.URL;
は、自動で呼ばれなかったので、自分で書き足しました。


CHAPTER6-3よりversion1.3.2です。

6-3
R.layout.rowdataに該当するxmlファイルがありませんでした。
本のサンプルプログラムからコピーして配置です。

6-7
パッケージcom.google.android.gms.gcmは存在しませんでした。
「ライブラリの追加」とは、SDK Managerでのインストールと、build.gradleにdependenciesを追記のこと。
ic_launcherとして、ic_launcher.xmlをdrawable直下に右クリックで自動create。
GCMにメッセージ送信するのをRubyで書きました。htmlとCGIするのは面倒だったから、ruby単体で実行。
(あれ?これホント?今度このへんもっかい検証します。)